高利回りが魅力!ソーシャルレンディングで資産運用

資産運用の新しい形として、ソーシャルレンディングが注目されているようです。日本に登場してからはまだ間もないサービスなので、法律が整備されていないといったデメリットもあります。しかし、海外ではすでに行われていたサービスなので、すでにインターネットなどで情報がたくさん出回っており、それほど心配する必要はないでしょう。
現在は金利がとても低い時代なので、定期預金で資産運用をしても、せいぜい年0.1%くらいの利益しか出せません。それに対して、ソーシャルレンディングなら年5.0%~10.0%くらいの高利回りでの運用が可能なので、はるかに大きな利益が出せます。もちろん、リスクもありますが、しっかりと対策をしておけば、それほどリスクは大きくないという意見も多いです。

貸し倒れリスクはどのくらいあるの?

ソーシャルレンディングで高利回りの資産運用をする上で、一番気になるのは貸し倒れリスクでしょう。会社が倒産をしてしまった時のリスクは、仲介業者ではなく、投資家がすべて負っています。例えば、100万円のお金を貸していて、会社が倒産してしまったら、100万円がすべて貸し倒れとなってしまう可能性もあります。
残念ながら、このリスクを完全に回避する方法はありません。また、基本的にはどこの会社にお金を貸しているのかということは投資家にはわからないので、貸し出し先の企業を選ぶこともできません。しかし、不動産を担保としてとっている仲介業者を選ぶことで、リスクをかなり減らすことができるでしょう。現在のところ、大規模な貸し倒れのトラブルなどは報告されていないようです。

リスクを減らすためにとっておくべき対策

不動産を担保としてとっている仲介業者を選ぶというのも1つの方法ですが、不動産を担保にすると、金利が下がってしまうことは仕方がありません。高利回りで資産運用をするなら、金利はとても重要なポイントです。
100万円を投資したなら、金利が年3.0%になるか、年10.0%になるかによって、利益が年間あたり7万円も差がつきます。短期間のうちに会社が倒産してしまう可能性は低いと考えて、比較的短期の融資案件に投資するというのがリスクヘッジの方法として有効です。
初心者の人は、3年、5年といった長期の案件ではなく、3ヶ月~1年くらいの短期の案件にまずは投資してみましょう。複数の仲介業者に資産を分けて投資をするというのも、リスクヘッジ対策として必要になってくるでしょう。