ソーシャルレンディングは高利回りを期待できる

インターネットの普及により流通の分野では消費者と供給者が直接的に結びつく時代になりました。中間的な業者を仲介することなく、直接的な取引を行うことで流通コストを削減し低コストな取引を行うことができます。消費者にはより安い価格で商品を購入することができ、供給者はより多くの利益を得要ることができるというメリットが存在します。金融の分野においても資金需要者と資金供給者の直接的な結びつきが起きています。インターネットを活用して多数の投資家から幅広く資金の融資を受けることが可能となりました。銀行などから資金調達を行うと比較して、流通コストが抑えることができます。投資家はより高利回りで融資を行うことができ、企業にも低金利で融資を受ける可能性が生じます。

企業と投資家を直接的に結びつける

不特定多数の人々からインターネットを活用して資金を調達する仕組みがクラウドファンディングです。クラウドファンディングには寄附型、購入型、投資型が存在します。投資型のクラウドファンディングには株式型と融資型がありますが、ソーシャルレンディングは融資型です。資金を必要とする企業は投資家から直接的に融資を受けることができます。企業が直接的に融資を受ける方法にはマーケット型、オークション型、貸付型の3つが存在します。貸付型は運営会社が金利や金額を決定します。このタイプは主に日本で活用されています。マーケット型では運営会社による借り手の格付けが行われますが、金利や融資額を決定するのは投資家自身です。オークション型では最も低い金利で入札した投資家が融資を行う権利を取得します。

高い利回りを期待することができる

企業が銀行から融資を受ける場合にはまず投資家が低金利で銀行に預金し、銀行が高利回りで企業に融資するという流れになります。一方ソーシャルレンディングでは投資家と企業が直接的に取引を行います。銀行という仲介者が存在しないため投資家は高利回りを期待することができ、企業はより低い金利で融資を受けることが可能です。貸付型の場合には運営会社が金利や融資額、融資期間を決定します。しかし直接的な取引を行うことで流通効率が向上するため、投資家が高い利回りを期待できるという点は他のタイプと同様です。また企業がマーケット型やオークション型で資金を調達する場合には、より低い金利で融資を受ける可能性が存在します。特に不特定多数の投資家によって入札が行われるオークション型では、低金利な融資を期待することができます。