ソーシャルレンディングの仕組みと高利回りの魅力とは

ソーシャルレンディングとは、インターネットを用いてお金を借りたい人や企業とお金を貸したい投資家を結び付ける融資の仲介サービスです。ウェブ上で資金を提供する人と受益者である企業を結び付けることで金融の流通を効率化することに意義がある。金融のシステムを通さず直接当事者同士がやりとりできます。反面、まったく見ず知らずの当事者同士が、融資の仲介会社を通してやりとりすることの危険性があることは否定できません。このため、短期間の融資であり、高利回りが提示されて契約を結ぶことで仲介会社を通して資金のやりとりが行われます。融資ということで、貸金業法の規制をうけます。当初欧米からはじまったクラウドファンディングの一部で、融資の伴う契約形態のことを指しています。

ソーシャルレンディングの魅力とは何か

日本では、オークション型とマーケット型からソーシャルレンディングははじまりました。最近は、クラウドファンディングの形態をとった投資型の会社もでてきています。
最近は、低金利の続くなか、高利回りな点が注目をあびるようになってきました。不特定多数の個人が出資者となり、運営会社を通じて企業などにお金を貸し出す形態がとられており、社会的意義が大きい会社に資金を貸し出すことができます。資金回収の予定が、数か月先なのでつなぎ融資を受けたいといった企業や、資金を稼ぐノウハウはあるが、信用がないために金融機関から運営資金を借りられない企業が運営会社の審査を受けることで資金調達することができるようになります。
信用のない企業に貸すわけですから、当然貸し倒れの危険性もあります。そのリスクを考えて高利回りの契約となります。

投資家のにとってのメリット何ですか

投資家にとって、マイナス金利の現状では運用先がないのが今の日本の現実です。リスクをとるなら既存の金融機関が発行する投資信託や債券、株式は経営状況の開示を受けることができるわけですから安心感はあります。ただ、倒産のリスクは株式や債券にも同じようにあります。運営会社の審査で出される融資案件が、実際に安全であるかはわかりません。しかしながら、リスクを負う代わりに投資案件としては今までにない投資先でありリスクはあっても魅力的な案件でもあります。なかでも不動産の担保がとられて案件も内容が開示されて募集されます。リスクを投資家が判断したうえで融資の一部を引き受けるのなら魅力的な投資物件に変身することになります。
短期間で、配当がはいってくることは、投資家にとっても好都合です。もともと名前が示すように社会的に貢献するために資金をという趣旨で始まった、ネットを利用した資金運用だと考えればこれからももっと取引が拡大していくことが考えられます。